前へ
次へ

発音を学ぶための英語学習

事前に英語学習に取り組んでも、海外旅行に行ったときに伝えたい英語が伝わらない経験は誰でもあると思います。
これは発音が大きく影響しています。
日本語と英語では母音の数が異なります。
日本語の母音は5つですが、英語の母音は26個あります。
これだけの音を区別して発音するには訓練が必要です。
同じ音でも口の開き方や発音の長さなどで意味が変わります。
つまり、日本語の母音だけで発音しようとすると、伝わらないケースが増えます。
発音は意外と英語学習においてさほど重要でないと思われていますが、決してそんなことはなく、発音記号を理解すれば、聞き取る能力も高めることができます。
では、発音を学習するためにはどうすれば良いかというと、まずは正しい発音を聞くことです。
その際には舌の位置をどのようにするのか、口の開き方などの動きもチェックすることがポイントと言えます。
そして、それを真似します。
真似する際には最初のうちは少し大袈裟にしてみても問題はありません。
体に覚えさせることが重要です。

Page Top